介護に関わる会社を経営する際の注意

介護に関わる会社を経営する際には、その独特の売り上げ管理とキャッシュフローをしっかりと認識し、これに見合った資金計画を立てることが非常に重要となります。

介護サービスは保険制度が適用されているため、通常の現金やクレジットによる商品の購入やサービスの利用とは大きく異なる面があるためです。

近年では介護保険が導入され、高齢者の多くは保険を利用してそのサービスを受けることができるようになりました。そのため手元に現金がなくてもサービスを受けることができ、利用者にとっては非常に便利になりましたが経営側にとっては現金で体が受け取る形態とは大きく異なる面が発生するため、その形態を考慮に入れて資金計画を立てなければいけないためです。

具体的には、保険を利用した場合に請求してから2ヶ月後の現金の入金となるため、売り上げ上は計上されても現金の手元にない状態がその期間続くため、その間に現金の支払い等が発生した場合には事実上現金が足りないと言うことが起こる危険性があるからです。この状態は実は経営にとっては非常にリスクの高い状態であり、手形等を発行している際には不渡りになる危険性もはらんでいるため、慎重にその資金計画を立てる必要があります。

特に開業直後は様々な設備の導入なので何かと支払いが発生するため、現金の支出が非常に増える傾向があります。そのため介護に関わる会社を経営する際には、この保険の仕組みを熟知し、その期間のキャッシュフローが適正に回るような資金計画を立てることが非常に重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です