介護経営の安定には欠かせない地域との関わり

日本においての高齢者人口比率はますます増え続けています。

時代の変化と共に家族形態も変わり、高齢者の夫婦二人世帯や単独世帯も多くなっている現状があります。

例え家族と同居していたとしても日中は家族皆が学校や仕事に出ていることも多く、一人になってしまう場合も少なくありません。長寿国である日本は高齢者の介護問題を抱えている家庭は非常に増えています。

日常生活の支援が必要な高齢者の生活には欠かせない介護事業所の数も需要の増加と共に増えている傾向があります。

いくら需要が高いとはいえ、地域の中に数あるサービス提供事業所の中で、どの事業所を利用するかは利用者自身や家族の意思によって決められます。介護事業の経営を安定させる為には、選ばれる事業所になる必要があるのです。

サービス提供事業所が安定した経営を行うためには、利用定員数に対して可能な限り100%に近い状態で稼働し続ける必要があります。

サービス提供事業所の経営は、実際に提供されたサービスに基づいて支払われる介護報酬にその収入の大半を依存しているからです。

地域の中にある数あるサービス提供事業所の中で選ばれる事業所になるためには、地域に開かれた存在であることが大切です。近隣の学校や保育園など、子ども達の交流を行ったり、事業所主催のイベントを地域住民参加型にしたり等まずは事業所のことを知ってもらうことが大切です。

その他にも、事業所が主催して地域住民参加型の介護や認知症などの勉強会を開いたりなど、交流を重ねていくことで、信頼関係が生まれ自然と評判が近隣に伝わっていく物です。

地域との関わりが深く、信頼関係が築けている事業所であれば、利用する高齢者も安心して選ぶことができます。地域の中には潜在的な利用者や家族が数多く存在しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です