誤嚥を防ぐ食事支援の介護

食事は人が生きていく上でとても大切なことです。

認知症になってしまったり身体が思うように動かなくなったりして自分で食べることが難しくなったとしても、食べることは毎日の楽しみと思っている高齢者はたくさんいます。

それを介護していくのが食事支援です。その介護が間違っていると、高齢者自身の食欲の減退や誤嚥などを引き起こしてしまうので、気を付けていきましょう。まず介護をする側として覚えておきたいのは基本の食事をする姿勢ですが、椅子や車椅子に座れる人の場合は深く腰かけた状態で足が床にしっかりついて膝が90度に曲がるくらいが良い姿勢です。そのため、車椅子の方はフットレストから足を降ろした方が良いでしょう。

テーブルの高さは肘が90度に曲がるくらいが適切で、軽い前傾姿勢の方が誤嚥のリスクも低くなります。リクライニング車椅子やベッド上で食事を召し上がってもらう場合は、ご本人の身体状況や希望に合わせて角度は45度~80度くらいにしましょう。首や身体が安定するようにクッションなどを挟むと良いでしょう。高齢者の好む食事の特徴としては、歯や顎の力が弱いとか飲み込む力も衰えているのでやわらかいものを好まれます。

高齢者は唾液の分泌量が少ないのでパサパサしている乾燥したものは飲み込みづらいので、注意する必要があります。また、喉の乾きを感じにくいのも特徴なので、こまめに水分補給をして頂くように支援します。

食事の支援をする場合には献立を説明したりしながら食欲を刺激することも大切で、好き嫌いを把握しておけば食べる順番や調理を工夫して美味しく食べて頂けるように配慮することも出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です