介護する側もされる側も快適なおむつ交換の支援方法

私達は当たり前にトイレでの排泄をしていますが、高齢者にとってはトイレに行くのが困難になったりトイレに行くまでに排泄を我慢出来ないなどの問題が生じてきます。

そうなるとテープで止めるタイプの紙おむつや紙パンツ、パッドを使用した排泄をすることになって、介護が必要になってきます。

排泄の支援、おむつ交換は介護する側もされる側も負担が大きいですし、ご本人の羞恥心もあるので素早く行うようにしましょう。臥床している人のおむつ交換の支援方法として、まずは準備から新しいパッドやおしりふき、汚染したおむつを捨てる袋や新聞紙を用意します。

必ず声かけは必要で、ズボンなどを下げてからおむつのテープを外します。汚染がひどければお湯や温タオルで洗浄して、身体を左右に順番に横向きに寝返りしてもらいながら、お尻全体をキレイに拭いてから新しいパッドを敷きます。

最後にテープを止めて、ズボンを上げて体勢を整えて終わりです。おむつ交換の支援をする際の注意点としては、姿勢を変える時には必ず声をかけて無理に動かさないこと、陰部を拭き取るのは前から後ろにして感染予防をすることです。また、おむつかぶれを防ぐために交換する時間を見直してみたり、蒸れないようにパッドの素材を変えてみたり、いつも清潔にすることを心掛けましょう。

介護用おむつにも種類は豊富で、昔に比べて品質も良くなってきているので、高齢者の快適な暮らしをサポートしていけるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です