口腔ケアの正しい支援方法と介護用品とは

歯磨きをすることや口の中を清潔にすることを、介護現場では「口腔ケア」と言います。

一般的には口腔内のケアをする目的は、歯石や汚れを除去して虫歯や口臭予防の為にしています。

高齢者の場合はそれ以外にも誤嚥性肺炎の予防をする目的があり、嚥下機能が低下している高齢者は食べ物や唾液が食道ではなくて気管に入って、細菌も一緒に入り込んでしまうことで、誤嚥性肺炎となって、重症化することも多いです。そのために、きちんとした正しい口腔ケアはとても大切になってきます。

高齢者には義歯を使用している方も多いですが、毎日外して清潔を保つことが大切です。入れ歯は熱湯で洗ったりせずに水かぬるま湯で洗うこと、歯磨き粉の研磨剤は使用しないことに注意しましょう。外した後の口の中の残っている歯は歯磨きをして、歯茎はスポンジブラシでこすると良いでしょう。口腔ケアに使用される介護用品には義歯専用ブラシや口腔ケアスポンジブラシ、舌ブラシや汚れを取りやすくする口腔ケア用ジェルなどの種類があります。

介護する側もされる側も支援する負担が軽減される介護用品はたくさんあるので、うまく使用していくと良いでしょう。

口腔ケアの支援方法としては、人差し指で口角を横に引っ張って歯と歯肉の間に45度の角度で小刻みに動かしていきましょう。歯磨きを終えたら、うがいをしてもらって汚れをしっかり洗い流しましょう。取りきれなかった汚れはスポンジブラシなどで取り除きます。誤嚥を予防するために支援する際には、高齢者の顎が上に向かないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です