介護施設の経営について

居宅サービス事業者が要介護者と要支援者に対するサービスを行っていましたが、制度改正により、要介護者に対するサービスを行う居宅サービス事業者と要支援者に対するサービスを行う介護予防サービスにわかれ、地域密着型サービスも創設されています。

これにより、要介護者と要支援者の両方のサービス提供を経営するためには、介護保険事業者と予防事業者の指定を受けることが大切です。住み慣れた自宅や地域での生活を継続できるようにするため、施設経営者は従業員に対し認知症ケアの充実を図り、地域に開かれた良質なサービス提供をすることが必要です。

介護の経営者は提供されるサービスの内容と報酬の関係を適切に評価する必要があり、加算や減算という考え方が導入されています。加算や減算の種類はサービスによって異なります。届出が必要なもの、必要でないもの、当該年度から変更されたものなど複雑なので、勉強や研究する必要があります。

また、事業者の指定と変更届は、事業所ごと、サービスごとに行う必要があります。サービスの種類によって提出書類は異なります。指定の様式、運営規程、勤務形態一覧表など必要書類があり、提出期日や提出方法もその内容により異なります。

経営する事業所の指定要件を完全に満たしていない事業所であっても、一定の水準を満たすサービス提供能力を有すると行政が認めた場合には基準該当サービス事業者として保険給付の対象となりサービス提供が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です