介護施設の経営について

介護施設の経営者にとって生活環境の整備は、ハード面とソフト面に分けて考えられますが、老人ホームの入居者やサービスの利用者を主体的にとらえ、人権や自立支援とともに施設職員が機能しやすいように配慮し、安全確保に万全を期することが大切です。

生活環境の良否は、ハンディキャップのある高齢者にとって、生活の質を大きく左右します。また、環境への適応が難しい高齢者の心理的特徴を理解して環境をつくるように工夫することが必要です。

介護施設の経営者はスタッフに対して、施設利用者の視点に立ってニーズの変化に的確に対応し、入居者の生活が管理的にならないように生活環境の改善に努めるよう伝達することが必要です。

老人ホームにおいても、火災、地震、風水害などに起因する事故、交通事故、職員の不注意による事故などが常に背中合わせにあることを意識し、日頃から万全の事故防止対策を講じておくことが大切です。特に職員の不注意による人為的災害はあってはならないです。

火災はもちろん、天災地変による災害や不可抗力の事故に際しても、被害を最小限にとどめるため、状況を想定した対策と訓練を徹底し、日頃の安全点検と安全教育により、老人ホームの入居者や介護サービスを受ける利用者、地域住民とが一体になり防災意識の高揚に努めることが必要です。

また、介護施設の経営者は緊急時の職員の確保と情報伝達のための緊急連絡網をつくり、災害の状況に応じた出勤体制を整えておくことが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です