居宅介護支援の仕組みとは

ケアマネジメントとも呼ばれるる居宅介護支援とは、要介護認定を受けた高齢者を対象にしたサービスです。ケアマネージャーがケアプランの作成をして介護保険サービスを受けられるようにしたり、様々な手続きや相談をしてくれたりとサポートをしてくれるものです。

このサービスの目的は自立支援や尊厳の維持で、ケアプランに基づいてサービスを受けてからも月に1回以上の訪問をして、利用者の状況や目標達成状況を伺いながら評価していく仕組みです。費用は無料で、自己負担は一切ありません。

ただ、2018年度の介護保険制度ではこの費用を自己負担にさせるという話が出されていることから、今後も検討される項目で、改正によって変更になる場合があります。居宅介護支援を利用するには、まず住んでいる市区町村の窓口か地域包括センターに問い合わせてみましょう。

かかりつけ病院の地域連携室などで聞いてみてもいいです。そこで自分の希望に沿ったケアマネージャーを探していきますが、電話や面談をしたり周囲の評判などを聞いてから複数の候補からケアマネージャーを選ぶのがオススメです。

ケアマネージャーが決まれば、アセスメントをしてケアプランを作成していきましょう。なので、このサービスを利用するためにはケアマネージャーが必要不可欠です。

電話での相談のみなら契約の必要もありませんので、不安だったりわからなくて困ることがある場合は気軽に問い合わせすることもできます。快適な老後を過ごすために、是非とも活用していきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です