自分たちらしい披露宴会場のコーディネート

会場装飾は、招待客が会場に入って最初に目にするものです。
自分たちの披露宴のイメージに合わせて、「ゴージャスにしたい」「ピンクで統一したい」など、テーマがあるとコーディネートしやすくなります。



ポイントは、装花からテーブルコーディネートまでトータルで考えることで、新婦の衣装やブーケとのバランスも大切です。
披露宴会場によっては、装花のプランがある程度決められている場合もありますが、イメージと違うなら、予算内でアレンジが可能か相談してみるとよいでしょう。
披露宴会場を華やかに彩ってくれる装花は、メインテーブルとゲストテーブルを中心に、希望に応じてエントランスや受付などにも飾ります。



装花はたくさんあると華やかになりますが、決して安くはありませんので、イメージに合うものをこだわって選びたいものです。
予算が限られているのなら、キャンドルやリボンというような小物と組み合わせるようにしてもステキです。



派手にするよりも、「センスがいい」と思ってもらえるような装飾を心掛けるとよいでしょう。



装花は式場と提携しているフラワーショップに頼むのが一般的で、挙式の2カ月ほど前に、どのような装花にするのか決めるようにします。



その際は、雑誌の切り抜きなどを用意しておくとイメージが伝わりやすいでしょう。

花の種類を指定することもできますが、季節はずれの花だと状態が悪かったり、高くつくこともありますので、なるべく旬の花を使うのがおススメです。



関連リンク

披露宴のプログラムや演出を決めよう!

披露宴のプログラムは、本番の3カ月から4カ月前から検討を始めるようにして、1カ月前には決定します。まず最初に、どのような披露宴にしたいのか、コンセプトを話し合うようにするとよいでしょう。...

more

自分たちらしい披露宴会場のコーディネート

会場装飾は、招待客が会場に入って最初に目にするものです。自分たちの披露宴のイメージに合わせて、「ゴージャスにしたい」「ピンクで統一したい」など、テーマがあるとコーディネートしやすくなります。...

more
top