自然葬の散骨でも手元に残すことができます

自然葬は、比較的最近生まれた新しい埋葬方法です。



墓地に墓石を建ててお骨を納める従来の埋葬方法とは違い、山や海などの自然の中に埋葬する方法です。
主に行われる自然葬としては、散骨や樹木葬という埋葬方法が一般的です。亡くなった後には自然の中に還りたい、維持管理が大変で受け継ぐ人が必要なお墓を持ちたくない方に望まれて生まれた埋葬方法です。墓地とするために自然を切り開くのではなく、自然の中に遺灰を還すため、環境を壊さないエコな埋葬方法でもあります。



地球に優しい自然葬は今後も需要が高まっていくと言われています。



自然葬の中でも広く知られている散骨では、火葬まで済ませたお骨をパウダー状に処理し、海へ撒くことになります。



「自然に還りたい」「お墓の負担を掛けたくない」といった故人の意志に従って行われる埋葬方法ですが、基本的には海へ散骨することとなるため、ご遺族の手元には何も残らないことになります。

ご遺族の中には、故人の方の最後の意志には従いたいし、望みを叶えてあげたいが、何も無くなってしまうのは寂しすぎて散骨を躊躇われる方もいらっしゃいます。

また、散骨後には手元に残らないために「心の拠り所がなくなって辛い」と後悔をなさるご遺族の方も少なくありません。



実は散骨の時には必ずしも全てのご遺骨を散骨する必要はありません。



散骨には、全てのご遺骨を散骨する「全散骨」と一部を残してご遺骨を散骨する「部分散骨」の2種類があるのです。
「部分散骨」であれば故人の望みを叶えつつ、ご遺族の手元にも一部を残すことができるのです。

関連リンク

披露宴のプログラムや演出を決めよう!

披露宴のプログラムは、本番の3カ月から4カ月前から検討を始めるようにして、1カ月前には決定します。まず最初に、どのような披露宴にしたいのか、コンセプトを話し合うようにするとよいでしょう。...

more

樹木葬という自然葬の選択

自然葬とは読んで字のごとく、自然の成り行きに任せてご遺体を葬ることです。日本の場合、ご遺体のほとんどは火葬にされてお骨になり、埋葬されることになっています。...

more
top